« 小旅行へ行こう! vol5 | トップページ | 無題 »

富丘八幡神社

先日の土庄への小旅行の締めくくりは富丘八幡です。


Img_0695

鳥居をくぐった先の小高い山の上にあるんですが、土庄中学のグラウンドもあります。


と、いうのも
Img_0682
富丘八幡の馬場の一部が今は土庄中学のグラウンドになってるんです。

この写真をみて「ん?なんじゃこれは?」ってものがあります。

山の斜面に石を積み上げた段々になってるものがあるでしょう。これって何かわかりますか?

実はこれ、秋のお祭りのときに馬場での太鼓台の奉納(?)担き比べ(?)を見物するための桟敷なんです。

現代のよく見かけるような鉄パイプを組んだ野暮なもんじゃなく江戸時代に造られた、もはや自然と一体化しているすばらしいものです。
Img_0683

Img_0684
桟敷よりの眺め。中央の太い通路が本殿への参道です。

Img_0690Img_0686_2
現代と大正時代の同方向の眺め。


Img_0685
山門より瀬戸内海が一望でき、すばらしい景観です。

Img_0688
参道の階段はこう配は緩いながらもかなりの段数です(多和神社どころじゃないです)ここを太鼓台が登ってくるようです。


Img_0687
中村主水もここを訪れたことがあるようです。

Img_0689
参道脇にあった石碑にこの町の祭りの文化を感じます。

今回訪れた富丘八幡神社、石の桟敷、石碑、数多くの過去の祭りの写真など、祭り期間中以外にもかかわらずこれだけ『祭り』を感じさせる神社はなかなかないんじゃないですかね。

それと写真には収めてはないんですが、町のいたるところに幟の支柱が建ってるんですよね。それも全て個人の寄進したものばかり。神社や自治会任せじゃないんですよね。


個人個人が祭りを愛し、それが集約されて『文化』になっていくんやなって感心させられたのと同時に少し羨ましく思った今回の旅でした。

|

« 小旅行へ行こう! vol5 | トップページ | 無題 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すごいですね、この桟敷。江戸時代からって・・・。
祭りの当日は個人の幟があちこちに立つんですね。この地区の人たちの祭りへの思い入れの深さが想像できます。
いつか小豆島の祭りも見てみたいですな。

投稿: hiro | 2009年5月 5日 (火) 20時59分

一回ここの祭を見てみたいけど、日程的にどんなんやろ?志度とかぶっとったらダメやしなー誰か行ったことある人おったらどんな雰囲気なんか教えて~
桟敷座ろうと思たら、やっぱり予約みたいなんがいるんやろな。ちなみに最前列中央は「神社関係者」みたいな看板が立ってました。

投稿: 店主 兄 | 2009年5月 6日 (水) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1032347/29450341

この記事へのトラックバック一覧です: 富丘八幡神社:

« 小旅行へ行こう! vol5 | トップページ | 無題 »