志度の祭のこと

大行灯片付け

Img_0884
クレーンを使っての作業も6年目にともなれば手慣れたもんです。

Img_0885
パーツが多いためここからは多少時間がかかります。

約一時間の作業でしたが、これで今年度の例大祭の全日程が終了しました。関係者の皆さんお疲れさまでした。また来年お会いしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

始動

Img_0534

10月になりました。

明組も練習開始です。

残すとこ十日余り、しっかり体調管理しながら当日を待ちたいと思います。

上の写真ですけど、今年新調した弓張りです。
製作は浅草の「花藤(はなとう)」さんです   ※『旭屋』2007・9・13参照(なぜかリンク貼付けができません…)


ここまででうすうす勘付いとる人もおるかもしれんけど、「御花御礼」に引き続きhiro君にお世話になっちゃいました。
なかなか浅草までは行けんもんで、出張と「称して」よく浅草近辺に出没するhiro君に無理言うて行ってきてもろたんやけど、出来映えは最高です!忠実にうちの弓張りを再現してもらえとって、間に入ってもろて相手にこちらの意思をきれいに伝えてくれたhiro君のおかげやと思います。

明組の人にはこれで人をしばいたりせんと(爆)大事に使ってもらえたらと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『御花御礼』

本年度の『御花御礼』のデザインが出来上がりました。

作成は昨年に引き続きhiro君です(毎年、他の地区のことやのに気持ちよく引き受けてもろて感謝、感謝です)                                                                                                                                                                                                                    

このデザインに付随したお話なんやけど、この明組の「背紋」の字、「明」って言う字にしてはおかしいとこだらけらしいです。

どういうこと?って思うでしょ?

昨年から明組では法被を発注する染め物屋さんを変えたんですけど、そこのご主人が書道をなさってて、「いろんな書体がありますけど、この字はどれにも当てはまりませんね」ってなことを言われまして

Img_0536
(直撮りなもんですんません…)

本来なら右側の字、今の紋のデザインを残しつつなら左側の字が「明」って字なんだそうです。

そもそも「つくり」のほうの途中で字が途切れとんがおかしいらしい。

結局、「字」よりも長年使われてきた「デザイン」を優先するってことで従来どうりの「背紋」にしました。

なんぼ正式な文字とはいえ、さすがに右側の文字はねー…

話はそれましたが、宵宮にこの「御花御礼」が一枚でも多く無くなっていくことを祈りたいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

お邪魔しました。

先日の日曜日、旭組にて新調した担き棒と提灯台とを実際に「台」に合わせてみて具合をみるってことを聞いたもんで、ちょこっとお邪魔してきました。

Img_0519
こんな広い保管場所があって羨ましいかぎりです。

画像を見るかぎりでは「しなり」もなくええんとちゃう。

Img_0521
今までの棒と比べると、どれくらい太くなったかがよう分かる。


Img_0522
棒の上げ下ろしは結構危険がともなうようです。うちみたいに地べたに置かせてもらいよることにあらためて感謝。


Img_0523Img_0524
画像だけでは分かりにくいと思うけど、今度の提灯台はかなりコンパクトに仕上がってます。大人が4〜5人おったら屋根との交換もあっと言う間とちゃうかいな。


Img_0520
この後、「台」は明神さんに移動となり、残るは練習が始まるのを待つのみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)